僕にガム乞食するのはやめてください。

私立大学文学部へ入学した学生のこれまでとカリスマブロガーになるまで。

A「へぇ〇〇大学すか~、じゃあ頭いいんすね」僕「いやぁ、ピンからキリまでっすよ」

A「やっぱり、勉強だけできても社会じゃ役立たないような人って多いですもんね」

 

僕の心の声「はぁ!!!???!?!??!??

 

謙遜に決まってんだろ。社会じゃ役に立たないって、それ本気で言ってる? というか、そう言える資格ないでしょ?

 

資格っていうのはまぁ変な表現ですが、お前に言われる筋合いはないって感じっすね。

 

 

まぁ、言っていることはわからなくもない。というか、僕も謙遜とはいえ嘘は言ってないし。

実際、大学に入ってから、今現在の僕みたいに無駄に時を過ごしている、時をかけるというか、時がかけていく少年みたいな人間もいますよ。ろくに講義には出席せず、いわゆる楽単ってやつでギリギリの単位を稼いで、遊びながら卒業する人間も少なくはないと思います。

レポートは、ほとんど使いまわしたり、テスト前になって授業資料をもらったりってね。

 

 

でも、忘れちゃいけないことがあるでしょ? そんなやつでも、その大学に入れるってだけの学力はあるわけね。高卒や中卒とは違うわけ。

 

あっ、学力に関して、僕の主張があるので合わせて言っておきたい。

 

 

真の学力、お勉強ができるできないの単純なやつね。それって、中学時代の学力ではかるのが一番だと思うんですよ。

高校から大学へ進むっていうところになって、「あいつはあの大学に受かったから俺なんかより相当頭がよかったんだ」って少し間違っているんですよね。

 

大学受験って、義務教育で学んだことがどれだけ身についていて、その後どれだけ受験勉強として頑張ったかの差だと思うんですよ。

 

20とかになって、中学の時のテストとか教科書見返してみてくださいよ。全部簡単でしょ? これがあの頃に理解できるだけの能力があったかの差なわけ。

 

正直、中学時代に平均以下だったっていうのは残念な方だと思ってる。

中学時代といえば、僕の近所にそれは頭の悪い同級生がいたんだけど、僕が数学だけテスト前に教えたらちゃっかりいい点とってた。数学だけ。僕はそいつの母親にめちゃくちゃ感謝されましたとさ。

 

 

何の話だっけ。

 

一気に話を戻して、勉強ができるけど社会に役立たないって言われる存在についてね。

そんなのはいない。そういうのはあなたの決めつけですよね? (ひろゆき)

 

あなたがそいつを使いこなせていないだけ。ある程度の大学を出ているのなら、最低限のことはできるわけ。そのセリフを言えるのは、そいつより頭がいいやつね。

 

 

で、勉強はできないけど社会に貢献できる人。これはいない。神話だよ。

勉強はできないをどういう基準で見ているかによるけどね。僕基準なら、中学時代半分以下の成績の人。

 

大学名で見ちゃだめだよ。

 

 

そういう人実は中学時代は優秀でしたっていう人だと思うよ。

 

 

 

 

 

何が言いたいかわからなくなってきたけど、自分よりお勉強ができる集団に向かって、「社会的に~」って言わないでくれ。

 

勉強ができるできないって、一番わかりやすい指標だから。文句をつけるな。

 

 

 

と、タイトルのような会話がバイト先であったので、書いたわけです。

 

 

ちなみにそいつは聞いたことのない大学で、ろくに仕事を覚えることもなく、数回だけ出勤してバックレて消えました。

 

 

お前にいう資格はねぇよっと。