読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕にガム乞食するのはやめてください。

私立大学文学部へ入学した学生のこれまでとカリスマブロガーになるまで。

もっと早くキャンセルするべきだったソフトバンク光。

何か新しいことをはじめるときというものは、終始順調に進むことは無いもので、僕の引越しがそんな感じだったという話です。

 

 

アナウンサー「以前より報じていました、ガム乞食ブログの中の人のネット開通工事が一向に進まない問題ですが、進展があったようです!」

 

スタジオ「おぉ、ついに! それで、どんな感じになったのでしょうか?」

 

アナウンサー「先ほどインタビューをしましたので、こちらのVTRをご覧ください」

 

というわけではい。

 

まだ、ネットは開通したわけじゃありませんが、昨日ソフトバンク光のほうをキャンセルしました。

 

それまで、「とりあえず工事ができるのかできないのかはっきりしろ」って言っておいたのですが、昨日の電話で「まだよく分からない」といわれて、「もうあんたらに任せてられないから」という感じでキャンセルしました。

 

そんでそのまますぐにフレッツ光のほうに契約を依頼しました。

 

そして、夜が明けた今日の午前に、カスタマーセンター(?)みたいなところから電話をもらい、いろいろと話しました。

気になる工事がいつになりそうかという問題ですが、電話窓口によると、遅くても一週間後までには工事日程を決めるというわけですよ。

 

ソフトバンク光が1ヶ月以上使ってもできなかったことをフレッツ光は1週間足らずでやるといったのですよ! 最初からこっちにしておけばよかったし。本当に無駄な一ヶ月を過ごしたのだなと。

 

PSplus一ヶ月分無駄にした。まぁそれよりも、この大事な時期に1ヶ月という期間無駄に過ごしたという喪失感。半端ない。慰謝料t

 

 

まぁ、本当にスムーズに行くかは分かりませんが、これから先電話やり取りする相手がNTTということを言われました。「1週間以内に工事をするNTTから電話がある」と。

 

 

ソフトバンク光だと、電話で相手をするのが、何も分からないソフトバンク光、ろくに仕事のできない代理店、となっていたわけですが、フレッツ光ならばNTTと連絡が取れるなら少なくとも何も分からないまま時を過ごすということがなくなったというわけなのですよ!

 

 

 

月々の料金は400円ほど高くはなりましたが、よっぽどいい。というか開通したとしてもソフトバンク光になんてもうお金を払いたくない!

 

 

あぁ、開通工事が待ち遠しい。この調子なら、オーバーウォッチライバルプレイシーズン2には何とか間に合うかもしれません。

 

 

待ってろよ!