僕にガム乞食するのはやめてください。

私立大学文学部へ入学した学生のこれまでとカリスマブロガーになるまで。

ゼミの新歓、そこは優しい世界だったが、最後に異世界を見た。

今日はゼミの新歓だった。お酒の席。教授もいる。

 

タイトル通り優しい世界が広がっていた。僕にもたくさん話題を振ってくれて、会話の輪からはみ出ることは一度もなかった。

やはり、一番安定して盛りあがる話題は地元の話。皆ばらばらだし、話すことはたくさんある。

僕も、中途半端な田舎に住んでいるし、最近ではアニメで町おこしだし、ムーミンだしと地元の話題だと話の中心へ行ける。

 

 

そして、やはり流石だと思ったのは、教授や院生の方の守備範囲の広さ。

彼らはどんな話題にも柔軟に対応する。

 

僕が、地元がアニメで町おこししていることは話した時には、アニメでの聖地巡礼の話へ膨らましてくれた。それから、昔見ていたアニメの話をしていた。マクロスとか。

それと、ポリゴンショックの話なんかもしていたな。

 

後はなんだっけか。いまいち思い出せないけど、どんなジャンルの話題にも見識があり、格の違いを見せつけられた。

 

 

他には……忘れた。まぁ話が途絶えない、優しい世界だった。

 

 

 

それで終わればめでたしだったのだが、タイトルにあるように、帰り際異世界を見た。

 

女の先輩が言った一言。

「う~ん、今日遅いし彼氏の家に泊まるわ」

 

・・・・・・は?

 

いやいや、え?

 

こういうの普通なのですか?

怖い。恐ろしい世界を最後に見てしまった。

 

今日はまだ酔いがさめきっていなく、いつもの3分の1の文章量で終わる。

 

 

 

そういえば、フロフロのOPが公開されていましたね。

www.youtube.com

いろいろ気になる演出もありますが、その辺は明日か明後日にでもまとめていきましょうかね。