僕にガム乞食するのはやめてください。

私立大学文学部へ入学した学生のこれまでとカリスマブロガーになるまで。

僕が文系を選んだ理由。

そろそろ夏休みですね。予備校でアルバイトをしていた身から言わせてもらうと,高校二年生のこの時期から通うのはとてもいいことですよ。

まぁ,現実では高校3年生がやっと通いだすほうが多いみたいですが。特に親が慌ててとりあえず押し込んどけみたいなのが多かったですね。

 

高校3年生のこの時期の僕はというと,何をしていたんでしょうね。少なくともお勉強をしていたという記憶はありませんし。予備校とか絶対行かないって宣言していましたもん。

そうそう,同じ予備校行かない宣言していた友人はちゃっかり通い始めていました。それでも危機感なんてものは持ち合わせることはなかったのですけどね。

 

だから浪人することになったのですが。

 

 

 

まぁ,今日は高校2年生のこのころの話を。

高校2年生のころの僕なんて,大学受験なんて微塵も考えていませんでしたよ。

夏休み 朝までゲーム 楽しいな

って感じ。バイトもしていませんでしたしね。

 

でも,確かこのころだったと思うんですよ。文系理系の選択をしなくてはならない時期が。当時の僕は無知すぎて,どっちの道へ進むのがいいかとか,将来どういう大学へ進みたいのかなんて考えず,皆さんのお分かりの通り文系を選択したわけですが。

 

 

でも,一応それなりの理由っていうのもあったんですよ。いやぁ,でも惜しいことをした気がしなくもない。

 

 

何より,当時の僕,一番得意な科目は数学だったんですよね実は。テストとか,数日前に教科書とかの例題解けば8割は余裕でとれたし。

じゃあなんで理系にしなかったの? とか,数学受験に使えよって話ですが,一言で話すと,数学はとても退屈だった。

 

自分で言うのもあれですけど才能はあったと思いますよ。問題を解くという点だけは。主観ですけど,数学が好きな人って,悩んで答えにたどり着いてすっきり~みたいな快感の中毒者じゃないですか? 因数分解好きな人とかそうでしょ?

 

僕は数学で一切悩んだことはない。因数分解とか二次方程式のやつとか,少しでも手が止まったら即答えを見ていた。そして,その答えを今自分が与えられていた数字と照らし合わせて,どういう風に操作したらたどり着けるかなって。

そんで,あーこういうものねみたいな。こういうルール使っていいんだって。

 

 

なーんにも楽しくない。数学なんて出てくる数字をいじるだけの作業だったんですよ。数学ⅠⅡしかやってないけど。まぁそんなもんすよ。

 

 

 

あとは僕が理系を選択しなかった大きな理由に,生物が嫌いだった。生物が嫌いというか,生物の教科書に載ってる虫の画像が嫌だった。もう,虫大嫌い。しかも相当精密に載ってるじゃん。もうあんなものがある教科書は持ち歩きたくなかったね。というかこれが一番の理由だわ。数学の話とかどうでもいい。

 

 

 

 

あとは,お姉が文系だったからお姉の使った勉強道具そのまま使えそうだな。それって楽そうだなって思ったからです。

 

 

まぁどういう選択をしたにしろ大事なのはそのあとどれだけ頑張るかだから。

 

僕はこれから頑張ろうと思っているんで。。。まだこれから……。