僕にガム乞食するのはやめてください。

私立大学文学部へ入学した学生のこれまでとカリスマブロガーになるまで。

どんな曲でも西野カナかEXILEが歌っていると思うとミリオン突破。

僕が一番聞いている曲のジャンルって,恋愛ゲームの曲なんですよ。

僕の中では,恋愛ゲームの曲ってストーリーとしてとても完成度が高くて,切ない恋心を歌っている感じがして,なんていうんでしょうか,情景が浮かんでくるんですよ。

 

 

で,恋愛を歌っている歌手で最も支持を受けている人って西野カナさんだと僕は思っています。西野カナさんの曲ほとんど知らないけど。若い女性の間では今でもバリバリだよね?

だから恋愛ゲームの曲も西野カナさんが歌えばそれっぽくなりそうだなって。

 

まぁ,僕はそれでもDucaとかKiccoとか佐咲紗花とかの歌声が大好きなんで。西野カナさんがって言うのは,知名度的なもので挙げただけですよ。

 

 

 

というわけで,切ない恋心を歌ったり歌ってなかったりするけど,ストーリー性のある僕の好きな恋愛ゲームの曲をいくつか出しておきますか。たまにこういうことをして,アピっていかないとね。何をアピるかよくわからないけど。

 

 

 

『消せない気持ち』Voval:Kicco (初恋1/1)

www.youtube.com

僕のブログで何度も挙げられているこの曲ですが,解説を入れてみます。

背景知識として,この曲は恋愛対象として見られていない,女の子がそれでも自分のこの"好き"の気持ちを捨て去れずに悩むという切ない恋心を歌っています。

昔から近くで妹のように扱われてきたけど,私は好きだったんだよって。でもあいつには別に好きな人がいるみたいだし……。近くに居るためには,この気持ちを隠さなきゃいけない。でも……。

みたいな感じです。

 

そんな彼女の恋心はどうなっていくのかというのは,この歌を聴きながら想像してみましょう。

 

 

『君に出逢って恋をして』 Vocal:i.o.sound (南十字星恋歌)

www.youtube.com

恥ずかしながら,僕はこのゲーム自体は未プレイなもので,ちゃんとした解説はできないです……。

しかしながら,歌詞からいろいろなことが想像できますよね。告白する勇気の持てない少女がいかにしてその気持ちを伝えるかという。告白ってやっぱり,自分の中で"好き"の気持ちが抑えきれなくなってされてしまうことだと思うんですよ。

好きな人と接していくうちに1から10まで恋をして,抑えきれなくなった気持ちを伝えるに至るという感じでしょうかね。

道徳の時間なんで答えなんて人の数だけありますしまぁいいかと。

 

 

『キスのひとつで』 Vocal:佐咲紗花 (ちいさな彼女の小夜曲)

www.youtube.com

「言葉じゃわからないよ! 態度で示して!」な女の子への回答みたいな曲ですよね。

キスっていうのは,一種の呪いみたいなもんですよね。それだけ大事なものですよ。体はもちろんですけど,唇もそう簡単にあげていいものではないので覚えておきましょう。

 

 

『観覧車~あの日と、昨日と今日と明日と~』 Vocal:Duca (めぐる季節の約束と、つないだその手のぬくもりと)

www.youtube.com

これだけの名曲を用意してゲームのほうは企画が頓挫して発売することがなかった。

ちいさな頃の思い出って大事にしたいですよね。あの頃の思い出はきれいなままで。いつまでも忘れないで取っておきましょうみたいな曲ですかね。恋愛と関係なくなってきましたね。

 

 

『Zillion Zest』 Vocal:大島はるな (ギャングスタ・リパブリカ)

www.youtube.com

無理やり解説を突っ込むなら,少女と少年が時に抗いながらも目指す場所へ向かって強く生きていくみたいな感じでしょうかね。

まぁ,曲単体としても名曲なのは間違いないですよね。ね?

 

 

 

『Without You』 Vocal:神代あみ (サノバウィッチ)

www.youtube.com

結局あいつとは,友達のまま終わってしまうんだなぁ。せめて学生時代に一つくらいは思い出を残そうとして,少女が歌った曲といったところでしょうか。

まぁ歌詞で告白しちゃってんじゃん! みたいな感じでしょうか。

この子,ゲーム内ではサブヒロインとしての扱いだったんですけど,人気がすごく出て,知る人ぞ知る糞ソシャゲカコタマの事前登録の特典になったんですよね。僕もこのゲーム内では一番好きなキャラでした。

こんな曲歌われたらそりゃ好きになりますわ。

 

 

 

 

ほかにも恋愛を歌っている歌っていないに関わらず多くの名曲がある恋愛ゲーム。

もうそろそろGWAVEという,恋愛ゲームの曲のまとめみたいなCDの発売日ですし,手に取ってみてはどうでしょうか?