僕にガム乞食するのはやめてください。

私立大学文学部へ入学した学生のこれまでとカリスマブロガーになるまで。

自分がつまらない人間になっていく~社会からの波2017~。

最近の自分、切れ味といいますか、なんか独自の目線っていうものがなくなってきたと思うんですよ。1年前とか、もっと面白いことを言ってたと思うし、というかぎりぎりのところを攻めてたと思う。文春レベルで。

 

それが、今となってはNHKくらい当たり障りのない人間になってきたんじゃないかなって。というかつまらない。自分でもわかるもん。かれこれ1年と3カ月くらいブログを書いてきましたが、正直、ブログを書き始めた頃の文章を今まで量産できたら、カリスマとはいかないけど、中堅ブロガーくらいになれたと思う。そのくらい、最近の自分、現実世界でもだけどつまらない。イライラするわ。

 

 

こんなことをなんでいきなり思ってきたかといいますと、はてなブログって1年とか続けていると、「あの頃のあなたは」みたいな感じで「1年前にあなたはこんな記事を書いていました」ってメールで送られてくるんですよ。そんでチラッと見ると面白い。

これは本当に自分が書いた文章なのかって思っちゃうよ。でもって、最近2カ月くらいの記事を見返すとつまらない。マジで唾を吐きたくなるくらいの文章。実際見てくれた人のうちの10%はうんこしてる。僕の糞みたいな文章の出ている携帯の画面の上に糞ですよ。糞on糞。

携帯の修理にかかった代金の請求書が来ていないだけまだましですけど。

 

 

そうそう、先週のゼミの時間で「ブログ見たい」と言われたので、「ガム 乞食」で検索すれば出るよって教えたんですよ。いやぁ、正直最近糞を量産しているので見せるのも億劫だったんですけど。まぁ、人に見られることを意識すれば少しはましな文章を書けるかなって。

 

 

まぁ、「ガム 乞食」で検索すると僕のブログが出てくるわけですよ。まぁ、ガムと乞食を並べる感性を持った人間は僕以外いないでしょうし。あぁ、このブログを開設したころの自分をほめたい。

 

話を戻して、検索結果にブログトップは出るじゃないですか。あと、僕が書いた記事がその下にずらって出てくるわけですよ。それがほとんど1年前とかに書いた文章なんですよ。僕じゃない僕が書いたやつ。僕アインスが書いた文章。

つまりは、検索結果に1年前の記事ばかりが出るっていうのはグーグルさんからも、「今のお前はつまらない」って言われているようなもんじゃないですか。それと、検索してくれて過去の記事を見てくれた方が最近の記事まで目を通してくれたとするじゃないですか。もうゴーストライターを疑われる。佐村河内氏覚えてる人~?

 

 

 

で、なんでこんなにつまらない人間になってしまったかというとすべては社会が悪い。俺は悪くねぇ。

 

もう大学4年生。周りの人間は社会に片足を突っ込んでいる感じなんですよ。で、ですね。なんか彼らもつまらなくなってきている感じがするんですよ。

キレがなくなってきているっていうんですかね。やはり社会は人を丸くしてしまうのか。

 

 

1年前はキレキレだったあいつや、わちゃってたあいつも、今では滑らかになっていたり、ぬめってたり。もう、大学4年生総潤滑油現象が起きているんですよ。

 

 

こういうところで潤滑油にならず、最後までざらざらな味噌っかすをつづけた人になりたい。まぁ、社会全体から見たらそういうやつは、流れを悪くする邪魔者として扱われるでしょうが、社会を構成している個人から見たら、潤滑油の中で、泥臭くとがっている人として「あいつはいいなぁ」ってなると思うんですよ。

 

 

 

味噌汁もそうでしょ? サラサラの汁になったら飲まれちゃうんだよ。自分が失われるよ。別に味噌汁界の潤滑油の王者である豆腐とかワカメになれなくてもいいから、最後に捨てられてもいいので、最後まで自分を保って生き残る味噌っかすになりたい。

 

 

社会からの波に最後まで抗った人間として僕のことを覚えていてほしいなって思った2017年初夏。