読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕にガム乞食するのはやめてください。

私立大学文学部へ入学した学生のこれまでとカリスマブロガーになるまで。

明日はバレンタインデーだし,バレンタインの思い出話してく。

バレンタイン懐かしいですね。いや、今でもバリバリだと思うんですけど。

 

あの頃はすごく面白かったね。

 

 

ホームベース引っこ抜いて、投げ捨てるのなんかほんと笑えた。スバラシイ!

それはバレンタイン監督!

 

 

と、冗談はこの辺にしておいて、2月14日といえば、宮本フレデリカさんの誕生日なわけですよ。そうそう、彼女B型で、僕もB型なんですよ。輸血できんじゃん!

 

 

2月14日は世間的には宮本フレデリカさんの誕生日となっていますが、実はほかのイベントがあったりします。そう、バレンタインデーです。

 

 

なんたら年前にどっかのお菓子会社が始めたというチョコレート販促デーです。あとは、女の子が好きな男の子にチョコレートを添えて告白をする日だったり、ソシャゲのイベントがあったりする日ですね。

 

 

僕にも思い出はいろいろとありますが、まぁ昔話程度にオンラインゲームのバレンタインイベントの話でもしますか。結構いい話ですよ。

 

 

僕はその昔REDSTONEという無料MMORPGをやっていまして。そこで仲良かった妖精という子がいまして。って言う話は過去の記事でも読んでください。

doll.hatenablog.com

 

REDSTONEでも例にもれずバレンタインイベントがあったんですよ。確か敵を倒すと一定確立で"チョコのかけら"っていうアイテムがドロップして、それを200個集めると、バレンタインデーに送るチョコを作成できるっていう感じのやつ。別にそのチョコ自体は大した性能ではなく本当にただの記念品みたいなもの。

 

まぁそれでも、ゲーム内から現実でも夫婦にみたいな話がちょうど出始めたころでしたし、楽しいイベントではあったと思いますよ。僕はそのころ中2とかね。

 

で、僕も、当時仲良かった妖精 (あっ、PNが妖精女王っていう人で妖精ってよんでました) と「チョコつくろーぜwwww」みたいな会話をして狩りに行ってたんですよね。

ちなみに僕のPNは"チョコクッキー☆"でした。

 

で、チョコのかけらって言うのたしか女性キャラクターしか入手できなくて、僕のキャラはアーチャーっていうジョブの女性キャラで、その時の妖精はビショップって言うジョブの男キャラだったんですよ。

 

だから実際には僕が男で、妖精が女の子なのに、ゲーム内では僕がチョコを作ってたって言うね。

 

で、イベント期間中にアイテムを集めてチョコを作り終えたんですよね。で、そしたら妖精が「そのチョコはチョコへのプレゼントだよ」みたいなこと言って;;

 

実際は「チョコだしチョコあげるwwww」って感じだけど。

 

いい子だよね。前にも言いましたが、僕がいい思い出しか持ってない女性はたぶん彼女だけです。

 

まぁそんな思い出がありましたとさ。

 

 

あっ、オチの話を。

そうして迎えた、バレンタインデー。マスターが僕と妖精にチョコをくれました。僕らがのんびりとかけらを集めていた間、別垢でせっせと集めていたようです。本当にいい人だぁ;;