読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕にガム乞食するのはやめてください。

私立大学文学部へ入学した学生のこれまでとカリスマブロガーになるまで。

人生、1度右に曲がってしまっても、もう3度だけ同じことをすれば元の道に戻ることができます。

『あきゆめくくる』や『スイセイギンカ』などこの先、多くの熱いコンテンツが待っていますね。それらについて、この私がタッチしていかなくてはいけないのですが、まだその準備ができていない。体験版をやってから触れていこうかと。まぁ、そんなこと言っているうちに発売日がやってきますが。

 

 

さて、話はタイトルに戻りまして。

 

 

 

と、ここまで書いたのが5日前。タイトルもどういう気持ちでつけたのか覚えていないし、どういう話をするつもりだったかも覚えていない。

 

 

人生1度右に曲がっても、もう3度同じことをすればだって? 

 

なんか気持ち悪いこと書いてあるな。センター試験の現代文でこんな文章が出てきたら数年は語り継がれるだろうね。

 

僕のころのセンター試験はスピンスピンスピンとか玉虫だったな。評論文は得点とれたんですけど、物語文はぼろぼろで。30点くらいしか取れませんでした。

 

ちょっと前まで、予備校でバイトしていたじゃないですか僕。

意外と物語はできるって人多いんですよね。評論ができないけど。

 

 

 

唐突ですけど、みなさんの人生は何度右折していますか? 左折でもいいですけど。

 

僕は3回くらいですかね。あと一回曲がれば元の道です。ここまで長い道のりでした。

 

人生にはナビはないんですよ。

車で変な道に入ってしまっても、ナビがあれば右折を繰り返さずとも、違うルートがわかるじゃないですか。

 

でもナビがないんですよ。人生。

だから、脇道にそれて、その後自分の勘を信じて左折したりななめに行ったりしても元の道に戻ることって難しいと思うんです。変に近道しようとするとダメってことですかね。

 

 

だから、少し逸れたかなって思ってもそのまま自分を信じて同じことを繰り返してみましょうよ。いつの間にか開けた道が出てくると思いますよ。

 

 

 

こういうことを、僕が言っても気持ち悪いだけですけど、宮本フレデリカっぽく変換して読み返してください。

 

 

全く違ってくるでしょう。

 

やっぱり人生の難易度は生まれ持っての魅力度ですね。