読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕にガム乞食するのはやめてください。

私立大学文学部へ入学した学生のこれまでとカリスマブロガーになるまで。

新しい土地、新しい部屋、変わらない自分。

宣言どおり、9月1日に引越しを完了して1週間ちょっとたったわけですが、お元気でしょうか? 誰に向けての挨拶でもありません。自分に放った心の声が文字として現れただけです。

なので、今読みながら返事を心の中でした人は恥ずかしい人です。いないと思いますが。そもそも、定期的に読んでくれる人がいないこのブログで、あたかも「みんな知ってるでしょ」みたいな感じで書き始めるのはナンセンスです。

 

 

とか茶番をはさんだところで、無事引越しを終えて、今日からまたブログをコンスタントに更新していきたいわけですが、そういうわけにはいかないのですね。

ネットの工事がまだ終わってないのですよ。まだ終わってないというか始まってすらいない。2週間後とからしい。怠慢でしょ。犬。なあ。

 

でも、今更新してるじゃんと突っ込まれるところで、切り替えしをすると、今は実家にいます。明日戻りますよ。またネットが無い生活です。

まぁiphoneがあるわけなんですが、wifi無い状態で酷使するとすぐ通信制限かかりますし……。ご利用は最小限に。

 

 

で、どうしようか。タイトルの回収でもする?

 

タイトルの回収なんていうコーナー今まであっただろうか? まぁ、環境も変わったわけですし(現在実家)。

 

新しい土地ですよ。今まで、ずっと山に暮らしていた僕からしてみれば住宅街に住むっていうのは新鮮で。

 

まずは道に迷いそう。

 

結構方向音痴なんですよね自分。車は結構運転するんだけど、道覚えられてないし。何度も行ってるフットサルコートもナビを頼らなきゃたどり着けない。

 

実家は駅からずーっとまっすぐ行って、突き当りを曲がれば到着だから幼稚園児でも覚えられるんですけどね。はじめてのおつかいにぴったりですよ。

 

「ママ今手が離せないの。ねぇ、駅までおばあちゃんを迎えに行ってくれない?」

「わかったよ!」

 

ドーレミファソッラシド~♪

 

 

 

で、新しい土地はというと、駅を出てまっすぐ行って右行って右行って左行ってまっすぐ行っても着かない。なんとなく方向は覚えてるから、何とかたどり着きはするけど。いつも通る道が違う。どの道が一番近いのか。

 

 

新しい部屋はきれいだね。ごみ屋敷にはしません。あれは才能を持つ者にしかできないから。僕にはそのような才能が無い。

 

 

というわけで、一人暮らしをはじめて環境を一新したところで自分は変わらないというわけですよ。方向音痴なままだし、新しい才能に芽生えるわけじゃない。

 

生まれつき持ったこのもろもろを一生背負って生きましょうね。

 

 

 

そういえばサクラノ詩で、凛がこんなことを言っていました。

「私とか、そこに住んでた人間とかは年をとっていくのに、街はどんどん新しくなっていく」

 

そうだね。年をとるっていうのは新しくなるっていう感覚も無きにしも非ずだけど、新しくなるっていうのとはなんか違う感じがするよね。

 

 

だからなんぞやってわけだけど。年をとっても変わらないものはあるよ。街が変わっても変わらないものがあるよ。そういうものを大切にしようね。

どういうものかって? それは自分が一番良く知っているはずさ。ハハハ。

 

 

 

 

しょうがない教えてあげよう。友は大切にするんだよ。

 

引越しのお手伝いありがとうございました。