読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕にガム乞食するのはやめてください。

私立大学文学部へ入学した学生のこれまでとカリスマブロガーになるまで。

究極の友人関係って、会話がなくても気まずくならない関係だよね。

タイトルがすべてシリーズも多分10記事目くらいだと思いますが、そうだよね?

会話が途絶えて気まずくなるのは友人ではなく(というのは言いすぎかもしれないが)、知り合いだと思う。理想的な友人って会話が続いていなくても居心地が悪くならないような相手だね。

これは絶対だよ。

 

会話が途絶えて気まずくなることってよくあるでしょ? 居心地が悪くなるやつ。携帯をいじることもなんだか抵抗があって、本を読もうとしてもなんだか相手を意識しちゃう。

あるあるだね。

 

理想的な友人関係は会話が途絶えないものだという主張もあるかもしれないが、会話が途絶えない友人っている? いないでしょ。こんなふうに文字を書き続けるのだって30分が限界だよ。

何書いてもいいのに。書くことが無くなったら「ペ●ス」とか書いて時間を稼げるし。あ、話が途絶えたら「ぺ●ス」とか言っても大丈夫なような関係が究極の友人関係なのかもしれないね。

 

 

話がそれちゃったな。えっとですね、自分の記憶にある、話が途絶えて気まずくなってしまった経験の話へ移行して行こう。

 

単刀直入に言いますと、男女関係ですよ。会話が途切れてすっごく気まずくなる経験がある。精神的によくない。相手は何を思っているのか、どうすれば正解なのか、突然「ペ●ス」とか言うのはもちろんアウトだろうな。

これだから、男女交際はやっぱりダメなんですよ。え、無言でお互いに「・・・・・・(ポッ)」ってなる瞬間が甘ずっぱくていいじゃんだって?

ないないないないないない(×10)。

 

そんな瞬間はない。漫画の世界だけだよ。「・・・・・・(ポッ)」は幻想だよ。

現実は「・・・・・・(汗)」だよ。

 

女はどう思っているかは分からないけどね、男の意見だから。

 

というわけですべてをまとめると、理想の彼女っていうのは、会話が途切れた時に「ペ●ス」って言ってくれる女の子なんですよ。

あ~、そんな女の子降ってきませんかね?

ペ●スの使者だね。

 

まぁ、「ペ●ス」って言っちゃう女の子は半分冗談だけど。

僕はそんなにしゃべる方ではないので、すぐに無言の空間ができる。そのたびに「ペ●ス」とか言われてちゃ、お外でデートなんてできませんよ。

 

でも「ペ●ス」の代わりになる単語といってもろくなものが思い浮かばない。「レイプ」とか?

 

 

無言になると気まずい系の友人結構いるからなぁ……。あっ、知人に格下げされてしまうのか……。

となると、友人認定できる人が限られてくるぞ……。少ないな~。

しかも、自分は良くても、その相手が無言の空間を気まずいと思っている可能性がある。

まったく、信じられるものが少ない世の中になってしまったもので。

 

 

 

2分余ったので、問題。

直観で答えてね。

 

この記事に「ペ●ス」という単語は何回出てきた?(これは含めない)

 

 

 

 

 

 

正解は・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8回でした。

 

正解した方には10PP(ペ●スポイント)を差し上げよう。