読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕にガム乞食するのはやめてください。

私立大学文学部へ入学した学生のこれまでとカリスマブロガーになるまで。

将来のヴィジョンを明確に示せ。

そんなものはありません。

 

正直、不安で仕方ない。ゼミでそのまま大学院まで行くとか言っているが、特に動いているわけでもないし、その後のヴィジョンがあるわけでもない。

同じゼミの院を考えている人はすでに教授にいろいろと話を聞いていたようだし。僕はそれを見ているだけ。

 

そもそもの話になるけど、大学に進んだのだって特に理由があるわけでもなかった。ただ、大学に行く人が多いから自分もそうしようって。

その前の文系理系の選択だって、姉が文系だったし自分も文系でいいやっていう軽いノリ。どこの大学に行くとか考えていない。ただ、大学には行くもんだろうっていうね。

何になりたいとか、大学で何をしたいとかなかったもん。

 

そんなことを考えていたにも関わらず、浪人ですよ。今通っている大学だって、別に目指していたわけではない。志望し始めたのだって、浪人時代の10月とか。その理由も、予備校の面白かった英語の講師が通っていた大学と学部だったというだけ。

いや、合格して嬉しかったのは間違いないのですが。

 

でも、なんで浪人したのだろうか。

別に大学に行って何しようとか、その先、どんな職業に就きたいとかがあったわけではないし。だったら現役時代に大学落ちた時点で、働き始めた方が社会には貢献できたかもしれない。

 

まぁなんだかんだ言っていますが、浪人した理由は明白なのですよ。要はめちゃくちゃプライドが高かったんですよ。

 

また遡るんですけど、高校入学したての頃ね。僕は受験直前になって高校のランクをめちゃくちゃ落としているんですよ。いろいろと理由はあるんですけど、要約すると反抗期だったというだけで。

親が想像もしなかった高校に願書出して受験したら困らせることができるかなって。

 

いやぁ、すごい喧嘩しましたね。

 

ということがあって、高校入学したての頃は周りの人間が全員自分より頭は悪いみたいなひねくれた目に見ていた時期があったんですよ。(実際、入学試験の得点開示してもらったが、自分より高い点数はいないだろっていう点だった。)

 

すぐにそういうのは無くなったけど、というか学力以外の面だったら自分より頭のいい人ばかりだった。教養とか、コミュ力とか、テストの点で測れないやつね。

 

 

まぁ、こういう思いが大学受験後もどこかに残っていて、「周りが皆大学行っている。そいつらに負けたらさすがに恥だ。だから少なくとも現役で合格してる同級生よりはいいところに行かないと示しがつかない」って思ったんだよね。

 

 

 

さて、どんな話だったか。タイトルをちらり。将来のヴィジョンか。

こういうふうに流されながら大学3年までやってきましたが、やりたいことがない。

 

夏にはインターン行く人もいるし、皆TOEIC受け始めているし、公務員学校通い始めるやつだっている。

 

僕は何も動いていない。何か聞かれても「ブログか、ユーチューバーで一発当てるから」としか答えていない。

そんなことは無理だってわかっているのにね。

 

あ~、一生ブログを書いて暮らしていければいいのに。

 

アイドルとか目指せばよかった。渋谷でスカウトされた時にそのままついていけばよかった。(まったく知らない会社の名刺だったけど)

 

 

このままなんとなく就活をするのか(なんとなくで内定をもらえるわけがない)、なんとなく院まで行くのか(こんなスタンスで行けるわけない)。

 

親に、冗談っぽく「大学卒業したら、今度は東大目指してみる」と言ったら「いいんじゃない」とか言われた。それもまた一興。

 

後は、航空管制官の学校に入りなおすことも勧められた。

 

う~ん、どうすればいいか。もう悩んでいられる時間は少ないのにね。

 

 

 

 

とりあえず、アイドルマスターシンデレラガールズでも見て元気になりましょうか。