僕にガム乞食するのはやめてください。

私立大学文学部へ入学した学生のこれまでとカリスマブロガーになるまで。

カリスマブロガーになるための第一ミッションは成功した。

昨日「次の更新でこのことを話題にしよう」みたいな事を言ったけど、今日はそれに頼らずとも文章が書けそうだから、予定を変更。

まぁ、毎日チェックしてくれているような人はまだほとんどいないだろうし、問題ないか。

 

 

今日は、ゼミ初日だった。そう、「僕のカリスマブロガーへの道その②」の実現において、大きな役割を持つことになるであろう重要なイベントだった。

 

ゼミ初日では、予想通り自己紹介が行われた。学年が上の方から順々に自己紹介をしていった。

ここで、第一関門。「ブログをしていることを言ってもいいような雰囲気かどうか」という問題だ。

「これからの実験計画とかを話さなくてはいけないのかな……」という不安があったものの、それは杞憂に終わった。自己紹介ではそんなに真面目な話をする必要はなく(するべきなのだろうが、強制される雰囲気ではなかった)、趣味の話をするような雰囲気で進んだ。

 

そして、3年生まで回ってきた。誰からするのか、ということを視線で相談し合う僕たち。結果、端に座っていた僕が最初となった。

名前を言う。そして、次に何を言うかでこのゼミでの立ち位置が決まるような大切な時がやって来た。ブログを言うべきか、趣味を言うべきか、このゼミの志望動機を言うべきか。この葛藤が体感で10秒、実際の時間で3秒続いた。

「このタイミングでブログの事を言えなかったら一生カリスマブロガーになることはできないぞ!」という心の声が聞こえた。

他方では「ブログとか絶対馬鹿にされるだろwwwww」という心の声もある。

この心の中の戦いは前者が制した。この時はテンション関東平野だった。

 

「最近の事……えっと……春休みに何かしなきゃと思って、ブログとかはじめてみました」

 

注目の判定は……割とよかったです。笑ってくれました。

「何を書いてるの?」とかいうありがたい反応もいただきました。

 

調子に乗った僕は言葉を続けました。

「えっと、その日あったことを書いたり、30分で自動筆記みたいなことをしたりしてます。アクセス数も自分の実力があれば、すぐ1万くらい行くだろうと思っていましたが、ひと月とちょっとで2000いかないくらいでしたね……。今年中にカリスマブロガーになるつもりです(キマッタ!)」

結構ウケは良かったです。

 

その後は趣味を聞かれて、ドールの話をしました。

あっ、ドールの話はまだブログではしていないね。これは本当に話題が無くなった時の救済措置で。

 

 

さて、ブログをしていることを知ってもらったはいいが、ここで問題が起こる。

予定では、「URL教えて」というふうに続き、URLを教えて、その場で皆がちょっと記事を読んで「面白いな!」となるはずだったが、URLを聞かれることなく僕のターンは終わった。

だから、ここでこんなにプライベートな話をしているんですよ!

カリスマブロガーへの道はまだ長いようだ。

 

 

しかし、まだチャンスはある。

心理学専攻新歓、ゼミの新歓、とイベントが続く。

そして、このイベントの強みは酒が入るということだ。酒の席での僕はとても強い。モテモテだ。合コンに呼ばれていたら、今頃二つ名として“合コンの神”と呼ばれていただろう。

そこで、さらにブログの話へ自然と持っていき、宣伝をする。そして口コミで広がる。今日はそのための布石だったのだ。ポケモンで例えると先頭でステロをまいた感じ。完璧じゃん!

 

 

 

まぁ、一つ不安なことがあるとすれば、このブログでTOP5の記事が『ゆずの新作』『サガプラの新作』『tone work'sの新作』『あおかな』『あおかな』についてなんですよ……。

 

専攻の人に「こいつ、エッチなゲームしているのかよ……キモッ」とか思われる可能性がある。

あぁどうしよう。

とりあえず、今できることはそれらの記事が隠れるくらい記事を書いて、それより人気を出して、文章的に面白いブログだという認知を広げる事だけ。

応援してね!

 

 

最後に、最近自動筆記のような文章が書けていない。そういう文章の方が面白いことは確かなので、どこかでもう一度路線を戻していくべきだ。(よね?)