読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕にガム乞食するのはやめてください。

私立大学文学部へ入学した学生のこれまでとカリスマブロガーになるまで。

tone work's最新作『銀色、遥か』について。

べ、別に日常ネタがない訳じゃないんだからね!

だって、新作エロゲーの記事を書いた日のアクセス数が70以上いくから……そう、あんたたちの為なんだから! あんたたちがこういう記事の時に多くアクセスするから、こういうのがいいのかなって……。

実際あんたたちはこういう方が好みなの……?

 

 

 

 

 

んんっ。失礼。今日はずっと『とらドラ!』を見ていたせいか、何かが自分の中に混じりこんでいるようだ。『とらドラ!』1クール目の配信が今日までだと、日付が変わる頃に気付いてラスアスも忘れて久しぶりの一日中のアニメ鑑賞。明日から2クール目の配信なのかな?

 

さて、前座はこのくらいにして、新作エロゲについての記事。

 

 

今回はtone work'sさんの『銀色、遥か』(6/24発売予定)を取り上げる。意識の高いエロゲースタッフの画像でおなじみの作品。

toneworks.product.co.jp

 

tone work'sさんというとブランド名からも分かるように音楽を大事にするブランドだ。各ヒロインに個別のテーマソングとエンディングを設けている。僕はデビュー作の『初恋1/1』しかプレイしていないのだが、おそらくこの方針は変わっていないことだろう。

初恋1/1』ではどの曲も素晴らしいが、中でも『消せない気持ち』は語り継がれている名曲だ。それを含め、全ボーカル曲が収録されたボーカルコレクションは名盤。

www.youtube.com

 

 

話が、それてしまった。

それと、tone work'sさんというと、優等生ブランドというイメージがある。どこまでも等身大の恋愛を描こうとしている。まぁ、一作しかプレイしていない人が何を偉そうにって感じだが、このようなストーリーの物語を続けてプレイする元気が出ないほど、心を抉ってくるブランドだ。でもそこがいい。

それと、tone work'sさんがさらに有名になったきっかけはコンドームに処女を奪われた問題。多くのエロゲーではその部分はカットされている。避妊方法は膣外射精。それか毎日安全日のヒロイン。その禁忌とも言われたコンドームを購入する部分まで細かに描写するような、どこまでも等身大を求める優等生ブランドだ。

f:id:charismadoll:20160322235657j:plain

 

結局話はそれたままだ。とりあえず、tone work'sを知らない人にもどのような作品を作るブランドかわかってもらえればいい。

 

 

 

①スタッフ

やはりいつも通り、音楽は豪華なメンバーをそろえている。そして原画の方も特に論ずることはない。

シナリオもほぼ想定通りのメンバーである。一人、真崎ジーノ氏が新顔か。恋カケがデビュー作の方だが……特に論ずることもないか。

それにしても、Ceui,Duca,Kicco,美郷あき,川田まみ,佐咲紗花,真里歌って本当に豪華すぎますよね……。

 

 

②ストーリー

季節が巡る物語どころか、10年という長い時を巡っての作品とは……すごいコンセプトだ。自分の学生時代と重ねてしまいそうで、また心が抉られるのだろうな……。出会いからセックスまでの期間が1ヶ月程度の多くの他のゲームと違って、丁寧な関係の作り方が見られそうだ。

中学からカップルになる展開なのか……。自分の中学時代は何をしていたのか。

そして、結婚まで描くとはすごい力の入れようだよね。普通ならCG一枚出しただけで終わらせるような部分までしっかり作りこむとは素晴らしい。

 

 

③キャラクター

一人ずつ取り上げると長くなりそうなので、全体的な感想。

まず思ったのは、もしかして年上キャラがいない?

如月瑞羽ちゃんが年上の可能性はありそうだが、確証が持てない。まぁ現実では同級生か年下の彼女が普通だろうし、そこまでリアリティを求めているのかも?

それとAヒロインを留学生っていうのも面白い。

他には……今回のヒロインは世界へ飛び出していく人間が多いですね。フィギュアスケートに役者志望。夢を持つ女性は美しいが、個人的には彼女になったときに不安が大きいですね。

特に役者だと、演技でキスシーンとかあるでしょ……。『初恋1/1』にも役者のヒロインがいましたが、彼女はキスNGということでプレイヤーの気を紛らわしていましたが、僕的には抱き合うのもNGですよ!

 

おっと、話がそれてきた。

今作だと、期待のヒロインは蒼井雛多ちゃんですかね。二つ名"エターナルドリーマー"に惹かれて……ていうのは半分冗談で、ギャル系のキャラを中学時代から追っかけられるっていうのは面白いですね。楽しそう。

風見雄二が、「恋愛はその人と幸せになりたいと思うこと。結婚はその人となら不幸になってもいいと思うこと」

(正確には)

f:id:charismadoll:20160323004614j:plain

と言っていましたが、一緒に幸せになりたいっていうキャラをストーリーが進むにつれ、この子となら不幸になってもいいって思いなおしていけるかっていう期待もありますね。

それと、Cvの柳ひとみさん。新人さんですかね? サンプルボイスの公開が待たれます。

 

 

④総評

いつもと同じ。

あっ、忘れてましたが、ティザームービーです。期待がふくらみんぐ。

www.youtube.com

 

 

 

こういう期待を述べる記事は購入確定の作品でしか書く気になれないから、そろそろネタも尽きそうだ。年間でも10くらいしか新作エロゲー買ってないしね。

 

 

どうにか大学が始まるまでネタをつなげることができれば。大学が始まってしまえば、日常ネタなんてどっさりですよ。

もう春休みも1週間ですか。早いもんで。

何も生み出さない春休みから少しくらいは脱却できたのだろうか。