僕にガム乞食するのはやめてください。

私立大学文学部へ入学した学生のこれまでとカリスマブロガーになるまで。

上下関係なんて糞くらえ。

年功序列? そんなものを意識するようになったのはいつからだろうか。

 

小学生の時は、縦割り班なんてものがありましたよね。1年生から6年生までそれぞれ1人か2人ずつで構成された期間限定の班。僕の小学校だけでしょうか?

まぁ、それがいわゆる上の学年との交流としての最初の場でしょうか。とはいってもそこでは下の者が上の者に対して敬語を使ってということはなく、ただ○年生のお兄さんお姉さんといった感じですよね。小学生の低学年に敬意なんてものはありません。言いたいことはずばずば言います。

そんな感じで小学生の僕は、はっきりとした上下関係を経験しませんでした。

 

さて、中学生。中学生ともなると先輩後輩の関係がしっかりとしてくると思われがちですが、僕がいたところはそうでもなかったです。

僕、サッカー部に入っていたのですが、そのサッカー部は基本的に小学生の頃にやっていたチームの皆がそのまま同じように中学生になって部活としてやっているだけでしたし。

1年ぶりの再開って感じでしたね。というわけで小学生の頃のなれなれしい感じの付き合いがそのまま部活に持ち込まれました。

普通は「○○先輩」とか「○○さん」と呼ぶことが自然なのでしょうけど、普通にあだ名とか呼び捨てで呼んでました。あと、言葉遣いも敬語とかそういうのは意識したことなかったです。僕なんて下の学年からは「シンちゃん!」とか「しん!」とか呼ばれてましたし。

あと、これについては賛否両論あるかもしれないですが、サッカーって試合中なんか敬語使いませんよね。だって、情報のやり取りが大切なスポーツですよ。「後ろに10番来てます!」とか「裏に相手走りこんできてます!」とかより「後ろ10!」、「裏!裏!」っていう方が単純に伝わりやすいし言いやすい。

 

敬語がどうこうっていう話だと、僕StylishNoobの配信をよく視聴してる話はしたじゃないですか。まぁ、FPSだとVCでいろいろな会話が飛び交うわけですね。そして、話している人間もスタヌさんのような20代後半の方もいれば高校1年生くらいの方もいるわけですよ。高校1年生の方がタメ語でいろいろと指示飛ばすってこともあるんですよね。すると、コメント欄で「敬語とか使えないのかな」っていうコメントをたまに見るんですよ。情報のやり取りが大切なゲーム中に敬語って自分からするとサッカーの試合中に敬語を使っているのと同じですごく滑稽なんですよね。「早く伝えるためなんだから良くね?」って。ゲームの中でも敬語使えって言う考えに疑問を抱いたわけです。

 

話は戻って、野球部なんかは結構上下関係厳しそうでしたね。まぁそれを見てすごく面倒くさそうなコミュニティーだなと思いながら過ごした中学時代というわけです。

 

 

んで高校時代はそんなふうに上下関係のない感じの義務教育を受けたためそのままの感じで過ごしちゃいました。最初は○○さんとか呼ぶわけですけど、その内ぼろが出てあだ名みたいな感じで呼んだり、タメ語で話したりと。まぁ、そういうのは仲良くなってからでしたけど。

僕も、高校に入って下の学年ができて交流するようになっても「敬語とかいいよ」みたいな感じでしたもん。敬語堅苦しいわ。だって歳1つくらいしか変わらないんだぜ。

 

 

 

そして現在。大学やバイト先での暗黙の了解という感じで上下関係を意識しながら生活しているわけですが、ところどころボロが出ますよね、そりゃ。

 

昨日もバイト先で社員の人と話していたら自然とタメ口になっていましたもん。とがめられなかったのでよかったですけど。その人も上下関係を意識することに飽き飽きしているのですかね。

 

 

こんなこと書いてると「教育がしっかりしてない~」みたいに思われるかもしれませんが、別に敬語を使う必要がない場とか、上下関係を意識しなくてもいい場みたいなのってあるでしょ? 意識しなくてもいいというか、堅苦しいし居心地悪いからそういうの嫌い。

 

 

 

他のブログの「面識ないのに敬語を使わないコメントは削除します」とか、ゲームのクラン募集の「社会人のいるクランなのでお互いに尊重し合い敬語で話しましょう」っていう文句を見て、こう思った次第です。まぁそう考える人も居れば、僕みたいな人も居るってことです。

お久しぶりです。天界に帰っていたもので。

いやぁ、結構更新さぼってしまいましたか。いや、さぼっていたわけではないんですよ。

"いや"から、2文連続で始まってしまいましたが。いや、3連か。あっ4連ですね。

 

 

冗談はさておき、更新できなかったのは、天界の方に帰っていたからでして。久しぶりに帰ったから楽しかったな。うん。

 

 

天界といえばですよ、最近こっちのほうで流行ってますよね。 ガヴリールドロップアウト。知ってましたか? あれ実はノンフィクションなんですよ。

 

ガヴリールさんといえば僕からしたら大先輩ですね。その後の話をいろいろしたいところですが、ネタバレになりそうなので遠慮しておきますか。

僕はガヴ先輩から数えると7つ下の学年です。一つだけ伝えると、ガヴ先輩は30を迎える今年も元気ですよ。実はガヴ先輩今はしごとで&%")'!')'&%#'()☆@:\。

 

あれ、文字化けが。この辺は禁則事項っぽいですね。

 

 

それじゃ、作品と現実の違いでも。

 

まずネット。天界ではまだつながっていないんですよ。だから、更新できなかったわけでして。

 

そうそう、悪魔との関係も教えてあげますよ。今では結構自由に天界に悪魔が来ることができるんですよ。海外旅行的な感じですね。パスポートあれば大丈夫ですよ。

 

 

あっ、察してくれると思いますが、一応伝えておきますと自分天使ですよ。

 

あー、天使の翼とか輪っかみせてぇなぁ。でも、あれ最近では人間には見えないようにできてるんですよね。あーくやしー。

 

 

まぁ、この辺にしますか。久しぶりの更新で文章書けないっすな。これからしっかりと更新とか頑張っていきたいと思っています。

 

 

 

それではここまで読んでくださった方は天国送りにしてあげますね。でわでわ。

美吉田月さんをご存じだろうか?

僕のよく聞く曲と言ったら、アイドルマスターシンデレラガールズ。次いでエロゲーソング。そして小松未可子

 

と思われがちである。実際音楽の話ではこれらの曲以外を話題に出すことはほとんどない。

 

 

しかし、隠し持っていたネタが一つある。それがタイトルにも出したが美吉田月というアーティストだ。ちなみに“みよしだるな”と読む。

 

なぜ話題に出さなかったのか?

 

だって、彼女カバーソングばかり歌っているのだもの。というか、カバーソング以外で彼女の歌を聞いたことがない。

 

 

だってさ、名前を出すじゃん。まぁ、知っている人だったらそのまま、「俺も好き~」ってなるけど、知らなかったら「どんな曲?」ってなるじゃん。

いや、もしかして僕が言わなかっただけで皆彼女の曲好きだとかある? 僕が思っているより有名? いや、無名な方ではないんだけど、今まで友人との会話で出てきたことなかったし。

 

 

まぁ、「遥か」とか答えるじゃん。GReeeNの曲じゃん。でも僕GReeeeN知らないじゃん。ルーキーズ見てすらいないし。

 

なんか会話続かなくね?

というわけで、なんとなく話題に出してこなかったわけですよ。

 

 

なぜ今さら? って話ですが、ブログのネタがないのと、ここで、僕がアニソン歌手以外にも好きなアーティストいるよって言いたかった。

 

 

 

彼女の曲ですが、実は、何曲かアマゾンミュージックにあります。全部カバーソングです。

聞いてみれば分かると思いますが、いい曲ばかりなんですよ。いい曲ばかりっていうのはおかしいか。いい感じにアレンジされているんですよ。まぁオリジナルより先にカバーを聞いたものもありましたが。

 

 

彼女の歌声はなんていうんでしょうか、癖がないってやつですかね? そう、聴いてて邪魔にならないっていう感じでしょうか。

 

僕はよく作業用のBGMにしています。作業にぴったりなんです。これ褒めていますよ。

 

 

 

 

それにしても、僕のJPOPの知識は美吉田月とアイマスのカバーで支えられているといっても過言ではないですね……。

 

 

皆さんも気が向いたら聴いてください。アマゾンプライムの人はすぐに検索してください。

 

あっ、サンプルでも置いときますね。

www.youtube.com

座りやすいアルファベットって何だと思う?

ふと思ったんですよ。スケベ椅子ってどんな形してたっけって。

 

なんとなくアルファベットでいうとHの形してたかなぁ~って思ったんだけど、疑問が出てきたんですよ。

だってHだよ! 「Hに座って」って言われたらどうよ?Hのくぼみのところにちょうどおしりをはめて肘掛けがあるし快適って思う人がいると思うけど、スケベ椅子的に座るんだよ。Hの両方の棒がそれぞれ右おしりと左おしりを突き刺す形になるわけじゃん。

おしりさらに割れちゃうよ。だからスケベ椅子はHみたいな形をしていなかったかなってなったの。

 

じゃあどんな形だよって思考は発展していくべきなんだけど、寄り道をして、どんなアルファベットなら座りやすいかなって思ったの。というわけでアルファベットに座るとしたら……。

 

あっ、つまらない形は飛ばします。

 

まずはAね。

これは座れない。アヌスに突き刺す感じだね。

 

B, C

Cは座れないよね。丸いし。バランスが取れん。

 

D, E

Eって普通にありそうだね。ちょうど収納スペースが2つあって。ニトリでEの形の椅子探せばあるでしょ。

 

F

Fは足が心もとないかなぁ……。

 

G,  H, I

Iとかもはや椅子じゃない。ただの棒だよ。Aより上級者向けだね。アヌスどころか喉から出てきそう。

 

J, K, L

思ったけどなんだよこれ。

 

Lは一見Iの亜種っぽい感じだけど、視点を変えてみるとめちゃくちゃいい感じの椅子じゃない? というか座椅子でしょ。絵とか描ければうまく伝えられるんだけどなぁ。

 

M,N

へこみが傾斜になっている系は座るのには適さないかなぁ。綿とか敷き詰めればワンちゃんありそう?

 

O

これバランスボールじゃん。バランス感覚いい人にはいい椅子になるか?

 

P,Q

QはOの上位互換じゃない? 尻尾の部分が支えになってさ。結構座りやすいかも。

 

R,S, T

Tってこれバーカウンターに並んでるやつじゃん。

 

U

ブランコ。

 

V, W

1点で支える系のVは心配だけど、Wは2人掛けとして見ると割とあり。

 

X

上に板置きたいね。

 

Y, Z

Zは座ったら折れそう。

 

 

というわけで、一番座りやすそうなのは、スケベ椅子じゃないHかな。準優勝が同率でQ, T, Wの3つ。

特別賞でLかなぁ。

 

 

 

あっ、スケベ椅子の形気になった人は自分で調べてください。

アルファベットで説明すると、Hの棒を太くして穴をちっちゃく、そんで下の部分を埋めた感じでした。そういえばこれだわ。

OVER WATCHシーズン3も終わるし、思ったこと書く。

僕が思う、PS4で最も遊べるゲーム、OVER WATCHのライバルプレイシーズン3が終わろうとしている。

 

パパパパッドで(ry

まぁ仲良くしようや。

 

 

ここ数か月の自分の行動はOVER WATCH関連のものが最も多かったと思う。ゲームをプレイすることはもちろん、多くの時間OWプロゲーマーやストリーマー、大会の配信を視聴した。

おかげで、その界隈の知識を多く身に着けてしまったわけだが。まぁPCプレイヤーの配信見てPS4プレイヤーが何を学べるかと言われたらそれまでだが、僕個人でいえばゴールドからプラチナにランクアップしたくらいには学べたと思う。

 

 

 

 

暴言が飛び交うゲームだけど中でも、レートが一番低い味方のオフェンス即ピックへのものが多い気がする。

特にトレーサーとかピックすると「はいはい出ましたゴールドトレーサー」という定型文。

 

まぁそいつが活躍でもすればいいのだが、全く活躍できていないときには暴言を言い出したやつはやる気をなくしトロールを始める。

ここで思うわけですよ。6人で戦うんだから1人の穴くらい残りで埋めようぜと。だからやる気をなくすなよ。

 

まぁ、オフェンスでもなんにしろ自分でそのロールをうまくできないと思ったらすぐにほかの人に代わってもらいましょうよねと。

 

 

と、ここでOWの風潮として、レートが一番低い奴がルシオをやるっていうのがあると思うんだけど、そこに疑問でてきたんだよね。

 

 

というか、ルシオやれば戦犯にはならないみたいな風潮。確かにサポートやってくれるのはありがたいけど、それで負けて責任を味方に押し付けてませんかって話ですよ。

 

僕も多くの時間ルシオにささげてきたんだけど、シーズン3終盤、タンクメインになってきてから、サポートだからって戦犯にはならないわけじゃないことを思ってきた。

 

 

何が言いたいかっていうと、ルシオを免罪符にするなってね。

 

人のこと言えたわけじゃないけど、ひどいルシオっているもんですよ。謎ULT、ファーストデス、スピードとヒールのタイミングがおかしい。

 

 

 

レート1500とかの人の配信見て思ったよ。(レート1000上あるしいいよね……)

 

その人ルシオやってるからって味方に暴言はいてたんだよね。まぁ、味方もなかなかひどかったけど、そのルシオの人も同じくらいひどかったよ。

それで「闇だわぁ~」っていうの。

 

深淵を覗くときってやつですかね? 間違ってたらごめんなさい。

 

 

えっとですね、何が言いたいかっていうと明らかにトロールしているようなのは除いて、味方に文句を言うのはやめといたほうがいいってね。

だって、一応同じレート帯でマッチングすることが多いわけなんだから、実力的には自分たちと同じわけですよ。

 

自分もそいつに同じように思われてることがあるってこと。

 

 

 

僕ですか? VCに4人以上参加しているときは積極的に話すようにしています。それで言いたいことは全部言ってます。

「○○きついからピック変えてくれない?」とか「ごめんなさい」とか「ナイス」とか「次○○と××のULT合わせましょう」とか「自分○○下手だから変えて」とか。

 

 

そうそう。ピック変えてほしいときはその理由も言わなきゃ。

 

 

 

というわけでシーズン4はダイヤ目指したいな。キラキラしたらこのゲームクリアでいいっすよね。

The Last of Usのストーリー終わったので感想でも。

端的に言って素晴らしい作品でした。

 

 

何がすごいかって、マップだったり戦闘だったりといったものが素晴らしいのに加えて、ストーリーも素晴らしいってことですよ。

 

 

アクションゲームって"アクション" が良ければそこそこ評価されるものじゃないですか。でもラスアスはそれに加えて、ストーリーも素晴らしかったのですよ。

 

 

最初はただのゾンビゲームみたいな感じで、神ゲーの雰囲気ではなかったんですけど、途中、具体的には車作った後くらいから一気にストーリーの方にものめりこんでいきましたね。

 

そして、ジョエルが倒れた後にエリーが一人で頑張る姿に感動してと。

 

最後は、一人の少女の命と全人類の命が天秤にかけられてという流れになって、ジョエルはエリーを救うのですが、その時人間が追いかけてくるんですよね。ゾンビのように。

ほんと、最初にゾンビから逃げる時を思い出しましたよ。

 

真に恐ろしかったのは人間だってね。

 

 

まぁ、よくありますよね。一人を助けるために多くを見捨てるみたいなやつ。

 

別に見捨てるわけじゃないんですよ。他の道を探そうってね。誰かの犠牲の上で成り立つ世界っていうのはちょっと違うんじゃないかなって。皆が笑える世界をね。きれいごとだけど。

 

 

と、綺麗なことを言いましたが、ジョエル、エリーを救うために何百人と殺してるんですよね。

多くの人間を助けるために一人の少女を守っていたのが、いつの間にか一人の少女を守るために多くの人間を殺していたというわけですよ。

 

そんな矛盾が、このゲームが退廃的と呼ばれる所以ではないでしょうか。

 

矛盾っていうのか?

 

 

 

まぁいいか。気になる人はプレイすればいいってことよ。

 

アクションの方もよかったですよ。

中級ってのもあったと思いますが、途中、ショットガン手に入れたあたりからヌルゲー入りましたけどね・。・

物資もあまりに余ってってなって。火炎放射器はさいつよ!

 

 

最初は結構てこずりましたよ。クリッカーつよって。

 

あいつ触れたら一発で死ぬもん。初期武器だとHSでも結構当てないと死なないし……。

そんな悩みもSG手に入るまでですが。

 

 

あと、フィールドの色々なところに物資が散らばっているっていうの良いですね。そのおかげで隅々まで探索しちゃいましたし。

 

世界観ともよくマッチしてますしね。

 

 

というわけでストーリープレイ時間約12時間、マルチではさらに数倍の時間も遊びこめるこのゲーム神ゲーと言っていいのではないでしょうか。

 

続編期待です。

明日はバレンタインデーだし,バレンタインの思い出話してく。

バレンタイン懐かしいですね。いや、今でもバリバリだと思うんですけど。

 

あの頃はすごく面白かったね。

 

 

ホームベース引っこ抜いて、投げ捨てるのなんかほんと笑えた。スバラシイ!

それはバレンタイン監督!

 

 

と、冗談はこの辺にしておいて、2月14日といえば、宮本フレデリカさんの誕生日なわけですよ。そうそう、彼女B型で、僕もB型なんですよ。輸血できんじゃん!

 

 

2月14日は世間的には宮本フレデリカさんの誕生日となっていますが、実はほかのイベントがあったりします。そう、バレンタインデーです。

 

 

なんたら年前にどっかのお菓子会社が始めたというチョコレート販促デーです。あとは、女の子が好きな男の子にチョコレートを添えて告白をする日だったり、ソシャゲのイベントがあったりする日ですね。

 

 

僕にも思い出はいろいろとありますが、まぁ昔話程度にオンラインゲームのバレンタインイベントの話でもしますか。結構いい話ですよ。

 

 

僕はその昔REDSTONEという無料MMORPGをやっていまして。そこで仲良かった妖精という子がいまして。って言う話は過去の記事でも読んでください。

doll.hatenablog.com

 

REDSTONEでも例にもれずバレンタインイベントがあったんですよ。確か敵を倒すと一定確立で"チョコのかけら"っていうアイテムがドロップして、それを200個集めると、バレンタインデーに送るチョコを作成できるっていう感じのやつ。別にそのチョコ自体は大した性能ではなく本当にただの記念品みたいなもの。

 

まぁそれでも、ゲーム内から現実でも夫婦にみたいな話がちょうど出始めたころでしたし、楽しいイベントではあったと思いますよ。僕はそのころ中2とかね。

 

で、僕も、当時仲良かった妖精 (あっ、PNが妖精女王っていう人で妖精ってよんでました) と「チョコつくろーぜwwww」みたいな会話をして狩りに行ってたんですよね。

ちなみに僕のPNは"チョコクッキー☆"でした。

 

で、チョコのかけらって言うのたしか女性キャラクターしか入手できなくて、僕のキャラはアーチャーっていうジョブの女性キャラで、その時の妖精はビショップって言うジョブの男キャラだったんですよ。

 

だから実際には僕が男で、妖精が女の子なのに、ゲーム内では僕がチョコを作ってたって言うね。

 

で、イベント期間中にアイテムを集めてチョコを作り終えたんですよね。で、そしたら妖精が「そのチョコはチョコへのプレゼントだよ」みたいなこと言って;;

 

実際は「チョコだしチョコあげるwwww」って感じだけど。

 

いい子だよね。前にも言いましたが、僕がいい思い出しか持ってない女性はたぶん彼女だけです。

 

まぁそんな思い出がありましたとさ。

 

 

あっ、オチの話を。

そうして迎えた、バレンタインデー。マスターが僕と妖精にチョコをくれました。僕らがのんびりとかけらを集めていた間、別垢でせっせと集めていたようです。本当にいい人だぁ;;