読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕にガム乞食するのはやめてください。

私立大学文学部へ入学した学生のこれまでとカリスマブロガーになるまで。

バイトの休憩時間はどうするのが良いですか?

こんにちは。

 

今週はゼミ発表があったのに、バイトに追われ、特に準備ができていないまま発表し、ボロボロに叩かれたのがハイライトです。

 

 

もう、GW以降土日どっちもバイトをするっていうのは無しにします。学生なんでね。それが認められなかったら辞めてやりますよ。

それにちょうどシンデレラ5thも始まって、そっちに行くのに休むこともありますしね。

 

 

さて、今は休憩時間なんですけど、1時間のね。まかないを自分で作って食べて30分。

 

あと30分何するよってわけですよ。

 

目の前に、バイトの同年代くらいの人間がいるんですけど、僕くらいの人見知りになると話せませんよね。話すことないですし。

話しても楽しくはないでしょうしね。

 

というわけで、今ブログを書こうかなぁって指を動かし始めました。

 

 

今までは「僕、バリバリの学生なんでね!」アピールをしながら携帯で論文を読んでいることが多かったのですが、頭に英文は入りませんよね。

 

 

 

 

コンビニ人間みたいに僕も飲食でバイトをした経験を生かして何か書けませんかね。

人間観察みたいな?

 

でも、キッチンですし。見るものは食器と食材。窓でもあれば外の景色を見て一息つけるんですがね。まじで閉鎖空間。

 

時の流れが止まってますよ。

 

疲れてもきたし、今日もこのあとさらに6時間働くことを考えると……。

 

 

いやぁ、未来ある若者たちよ、将来飲食関係の仕事は絶対ダメだよ。バイトとして、一度地獄を経験するのは良いかもしれないけど。

 

 

個人経営とかなら変わるんですかね?  あと居酒屋とか?

見てると活気あって楽しそうですけど裏ではひどいんですかね?

 

 

でも良いニュース。昨日、お食事券を5000円分もらいました。一緒に行く人いないけど。

 

メルカリとかで売れるんですかね?

まぁ、家族にあげるのが一番の有効活用になりそうですけど。でも僕の実家の周りにこのお店ないしなぁ。

 

あっ、期限は6月までなんすよ。

1人で豪遊しましょうかね?

 

 

いや、それだと寂しいので同行者募集です。

よろしくお願いします。

わたしの、最高の友達。

早いもんで、大学生として生活も残すところ10カ月ですよ。だんだんと時間の過ぎ去るスピードが速くなってきて恐ろしいですよ。

 

 

そして、一緒に学業に勤しんだ (?) 友達は絶賛就活中である。していない人もいるけど。というか、しているのかしていないのかわからない人もいるし。

 

 

というわけで、今回は僕の大学生活を語る上で欠かすことのできない、彼らのことをお話ししましょう。

 

あっ、でもそんな彼らもこのブログを見ているかもしれないですね。許可を取っていないので、後から怒られるかもしれないな……。ぼやかして書くとしますか。

 

 

 

外すことのできない人って何人いるかな……。

高校時代だと5人かなぁ。3年で5人か。ということは大学4年では6~7人くらいになりますか。

 

 

う~ん、そんなにいない! というわけで5人紹介しますか。

 

 

 

一人は入学して最初の英語の授業で一緒になった彼だ。図らずとも、同じサークルになり、2年の時は同じたまたま英語の授業がまた被った。こういっちゃあれだが、結構ちゃらんぽらんな彼。授業前には、「今日の予習範囲見せて」とか、テスト前には、「和訳見せて」とかしょっちゅうでしたしね。

とはいっても、社会的な能力といいますか、なんていうか言葉にしづらい能力あるじゃないすか。それについては、僕の大学生活で会った中でずば抜けていますね。オーラが明るいし。それと、周りのことをよく見れてる。

正直なところ、最初僕とは合わないかなとか思っていたけど、この4年になるまで、付き合いが続いている。今日もちょうどさっき話していた。就活も順調そうだ。まぁ、彼でダメなら僕の知っている他の同学年の人は全員駄目だろう。

自分で言うのもあれだが、彼から僕への評価も高いだろう。僕から連絡することはほとんどないけど、結構誘ってくれる。誘ってくれるとき本当にうれしいから。

僕って、ラインとかメールで自分から雑談することってないんですよね。だから、どういうやり取りがされているのかわからなかった。でも、彼のおかげでそういう世界を知れたかなって。

と、こう書いていると彼が見たとき調子に乗りそうだから、もうやめた。調子に乗るとぼろ出るからね。普段の強さが、ペロサイでいうリリスだとして、調子に乗った時の彼はゾノだね。

就職したら初任給でごはんおごってね。

 

 

他は、サークルで4人くらいいると思う。字数も多いし皆まとめてとりあえずあげときますわ。まぁあれっすわ。頑張りましょう。

 

 

 

そういえばさっき、最初に挙げた彼とお話してきたって言ったじゃないですか。そこでESとか、見せてもらって、「どう?」って感じの話になったんすよ。

こういう添削系のものを頼まれた時僕は絶対「完璧」とは言わないんすよね。少しでも指摘できそうなところはズバズバいうんですよ。絵を見せられた時もただ「うまい」とは言わないし。

僕に見せるっていうことは、改善点を指摘してほしいということだと思っているんで。

だから「具体的にここを掘り下げて、○○みたいなエピソード書いてみれば」とか言うんですよね。あと、「面接でこういうこと聞かれたら、心理学で△△っていう現象があって、それによるとここはこういうことになり~みたいに、答えるといいよ」って風にアドバイスしたんですよね。就活したことない僕が。

そう、心理学の用語とか現象って結構話のネタにしやすいから入門書とか読むと面白いよ。

話がそれたけど、そういうと彼は「それマジで使える! やっぱ進学希望はちげーな! サンキュー!」ってね。

 

 

あれ、何を言いたかったんだっけ。

 

まぁ、僕はすごいってことです。あと、大学入ってから就活してるんだから、少しは学んだことを面接で話せるといいんじゃないですか? 就活していない僕が言うのもあれですけど。ごめんなさい。偉そうに。

 

 

おとなしくゼミ発表の準備しています。

シンデレラ5th LIVE TOURへの意気込み。

ついに、1か月後の5月13日、THE IDOLM@STER CINDERRELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!! が開幕します。

idolmaster.jp

 

僕は、日ごろの行いが良いこともあり、開幕の宮城初日、そして静岡2日目のチケットが当選しました。まぁ、その分CDを買いましたが。

石川に行けなかったのが残念でしたが、LV取ろうと思います。現地に行く方、僕の分まで頑張ってください。

 

 

というわけで、4thはLVで我慢していましたが、3rd以来2年ぶりの現地です。あー書いているだけでテンション上がってきました。うわ、楽しみだな。ほんと、何か嫌なことがあっても、シンデレラ5thが待っていると考えるだけで、頑張って生きていこうって思えるし。素晴らしいです。

 

 

 

それでは、今回はシンデレラ5th開幕の宮城へ向けての意気込みというか、楽しみなところでも書こうかなと思います。

 

 

 

 

まず、楽しみなことと言えば、ライブ初披露となるであろう楽曲ですね。

メンバーを見たところ、目を引くのが五十嵐裕美さんと松嵜麗さんのあんきらがそろっていますね。ということは、デレステの新楽曲あんきら!?狂騒曲が初披露でしょうね。

とてもテンポがよく、ライブでも盛り上がる曲となりそうなので楽しみです。

 

 

あとは、こちらもデレステ曲、サマカニですね。サマカニで僕が一番楽しみにしているのは、振り付けです。MVをよく見ていない方、今すぐデレステを開いてみましょう。めちゃくちゃ良くないですか?

それとメンバーがそろっているわけではないので、サプライズあるとしたらここのメンバー、あると思います。

 

 

次は、松永涼のOneLifeですかねぇ。僕の中では新ソロ曲で一番のヒット曲です。早く聞きたいものです。

それと関連して、ライブでめちゃくちゃ盛り上がる純情Midnight伝説。生で聞きたい!

 

 

そして、新曲で忘れてはいけないのが∀NSWER。あのタイミングで、早坂美玲役の朝井彩加さんの追加出演の発表をしたということは期待していいんですよね!?  いやぁ、めちゃくちゃかっこいい曲じゃないですか。それと演出にも期待ですね!

 

 

さて、最後になりますが、忘れてはいけないのがin factですよ。佐藤亜美菜さん、今年も橘ありすを降臨させておくれ。3rdの時聞いてほんと、震えるほどよかったです。4thもLVで震えました。

 

 

 

ほかにも、いろいろと期待がありますが、1000字をちょうどよく超えたのでこの辺にしておきます。

 

宮城に参加する方もLVで参加する方も、素晴らしいライブにしましょう!

 

 

ちょっと早すぎ?

大学院に進学できなかった場合のお話。

大学生も長い春休みが終わり、授業も始まりましたが、しっかりと通えているでしょうか?

僕は今年度はゼミだけなので、週1です。

 

 

と、言いたいところですが、お勉強をしに週4以上で大学に行こうと思います。そんで、今日はゼミの日でもなかったのですが、大学でお勉強していました。

 

 

「お、やるじゃん」と思った方多いでしょうが、正直のところ、そのお勉強が集中してできないんですよね。集中力が持たない。家にいるよりは数倍ましですが。

それでも、4時間くらいで論文を一つ読む程度の集中力ですよ。1時間くらいで読みたいところなのに……。なんか、20分くらいで気が散ってしまって。受験生の頃のあの集中力はなんだったのか。

 

 

そう、今年僕受験生なのですよ。大学院。それなのにこの体たらく。

 

いやぁ、僕も内部進学だし、なんだかんだ合格にしてくれるでしょって思っていたんですが、ここにきて進学希望が一気に増えたらしいんですよ。後出しじゃんけんです。

 

まぁ、彼らが本当に進学を希望するかどうかはわかりませんが。それでも、人づてに聞いた話ですが、教授が「全員はとれないなぁ」って言っていたようなんですよ。

 

というわけで、入試にしても、卒論にしても勉強にもっと力を入れなきゃいけないのにエンジンが……。

 

 

 

こんな感じでいると落ちた時の事を考えちゃうんですよね。1月とか、進路が決まっている皆の輪に入れず、就活資料室の前の大学推薦枠の掲示板の前で突っ立ってる自分が。

あー怖い。

 

 

 

でも、そうはなりませんよ。僕、落ちた時のことはもう考えているんですよ。

 

まず、リベンジで翌年受験しなおすってことはないです。落とされたってことはもともと向いていなかったてことなんで、潔く諦めます。

就職もしませんよ。というかそんなすぐ切り替えられるわけがない。

 

 

というわけで、切り替えるために、日本一周か世界旅行でもしてきます。その日暮らしみたいなの、やってみたかったんですよ。ヒッチハイクとかして。

 

 

そうなったら、このブログも、ウル○ン滞在記みたいなタイトルに変えて更新します。そんで、どっかに取り上げられて……。

 

 

 

「なぜこのような事をしようと思ったのですか?」

「実は自分、大学院への進学に失敗しまして。めちゃくちゃ落ち込んだんですよ。もう消えてしまいたいくらい。それの切り替えのために自分探しの旅を始めたんすよね。最初はこういう経験があれば一年遅れ、いや二年遅れの就活のネタになるかなって思ったんですけど、もう、このままアリエッティみたいになろうかなって。それも人生じゃん?」

 

 

 

 

 

いやぁ、厳しいっす。こうなりたくは無いです。どうか僕を合格させてください。お願いします。

飲食店で働くと○○みたいなのが本当かお答えします。

飲食店でアルバイトを初めて早1ヶ月。

お仕事にも慣れ、どんな仕事かも理解したところでこういうのにこたえていきたいと思っていたんですよ。

 

それぞれの仕事病みたいなのあるじゃないですか。それの僕が思っていた飲食店バージョンについて少し書きますね。

 

 

①外食ができなくなる。

これ、僕が一番思っていたやつです。飲食店で働いている人は外食ができないんじゃないかなって。

理由として、食品の管理がーみたいな感じで。

皆さんも思っていませんか?

 

結果から言うと、食品の管理は想像以上に厳密です。それで廃棄になるのか―って。そんなにしっかりと保管しているのかって。

 

じゃあ、外食は問題ない?

いやいや、する気にはなれませんでしたね。(過去形なのは後で回収)

いや、問題あったですよ。

自分、キッチンで働いているんですね。料理ですよ。たくさん作ってます。

 

たくさんといっても仕込みしてるから焼いたり揚げたりするだけですが。そう、すごい簡単に作れるんですよ。

まぁフライパンは重いし、火はぼわーっ! ってなるけど。

 

で、何が問題かっていうと、メニューを見たんですよ。そんでですね、自分が作っている料理、こんなに高いのかとビビりました。

そして思いましたわ。原価みたいなのを知ると外食する気になれないなって。

飲食で働いている人が外食できないって言われているのはこれかーって思いましたわ。

 

と、ここまでが第一段階ですね。

 

ここからですよ。何人分もの料理をしていると、料理がすごく面倒になるんですよ。するとですね、待っているだけで料理が出てくるということの価値がすごくわかるのですよ。というか、家に帰ってまで料理面倒。

 

というわけですぐにカップめんとかコンビニ弁当とかファミレス大好きになります。外食万歳!

 

 

②ブラック?

ブラックです。社員の方、休みないですね。そのくせ、キッチンは誰にでもできそうな仕事ばかりです。マニュアル通りですし。慣れればすぐです。

なので、将来性もないです。その内ロボットが仕事取りますね。

 

 

③料理上手くなる?

上手くなりません。先ほども書きましたがすべてはマニュアルです。そして仕込みもしてあります。これを焼いて、これを突っ込んで、って感じです。

その調味料とかあれば僕もおいしい料理できますけどね!

 

でも、あれです。フライパンの使い方はうまくなりますね。フライパン振ってますよ。食材が宙を舞っています。

あれ、簡単なんですね。できるとかっこいいんで、練習すると良いですよ。あっ、できるのが普通ですか?

 

 

 

とこんなところでしたかね。

 

明日はハードコア観に行こうと思います。おやすみなさい。

「君とは初めて会った気がしない」という定番の言葉について。

自分、一応心理学を学んできていまして。現在進行形ですけど。

 

そんで、今年はついに卒論を書く学年ですよ。そう4年生。んで、そのテーマに沿った感じのちょっと役に立つお話を書こうかと思いますね。

 

 

 

 

自分の研究テーマは今のところ不気味の谷現象です。今のところというのは、まぁ、そのままの意味です。どうも扱うのが難しいテーマでもありまして、ちょっと暗礁に乗り上げかけています。

 

不気味の谷現象って?」な人はwikiでも見といてください。

 

 

不気味の谷を扱った論文を結構読んできましたが、過去の実験に対して、私がどのようなアプローチをすれば革新的な、良い卒論となるか悩んでいるところなわけですよ。

 

話は少し飛んで不気味の谷現象で扱っているのは親和感というものなわけですね。親和感って日本人なら「あーあれね、親和感」みたいな感じで理解できるでしょ? 

親和感は親和感ですよね。

 

で、ここまで来てもらえれば分かると思うんですけど、親和感ってなんじゃっていうのが難しいところなんですよ。

 

 

 

というわけで、最近はメインテーマから離れて、親和性についての論文をいくらか読んできました。

親和性≒熟知性なんですね。なんか自分的にはというか日本人的にはしっくりきませんが。そんで、親和性ていうのは、魅力と正の相関関係にあるものなんですよ。

 

これを合わせると、知っている人は魅力的ってことです。

いやいや、ちょっと話が超越しすぎました。

 

 

魅力的な顔について掘り下げますね。

有名なことですが、平均顔っていうのは魅力的な顔です。モーフィングして平均顔を作っていく際に、母数となる顔が増えれば増えるだけ魅力も高くなるという報告もあります。

 

 

で、これがなぜかっていう話に親和性と言いますか、熟知性が関わってクルっぽいんですよ。

 

平均顔っていうのは、言い方を変えれば特徴がないわけですね。特徴がないというか、どんな感じにも見えるんですよ。

つまり、自分の記憶の中の多くの顔に似ているような気がするんです。ということは、親しみがある、親和性が高い顔ってわけです。

親和性と魅力は正の相関を持っているので、結果的に魅力が高い顔となるのです。

 

 

少し応用すると、マスク美人っているじゃないですか? マスクしてると美人に見えるあれです。ユーチューバーとかのあれです。あれって、顔の情報が減っているため、親和性が高くなっているのかなって思うわけですよ。だから魅力も高いと。

 

 

 

それでは最後にタイトルを回収していきましょうか。

 

「どこかで会ったことあるよね?」というナンパに定番の言葉。こんな言葉使うのはフィクションだけ?

どこかで会ったことある気がする、っていうのは、なんとなく親和感を持ったということなんですよね。自分の記憶の中の多くの顔と似ているわけです。

つまりこのセリフは「君魅力的な顔だね」っていうことになるのかもしれませんね。

サイトウ一族の最近の悩み。

こんにちは新年度。

 

新小学生から新定年退職の方までが見てくださっているこのブログですので、今回はどんな人でも読んで楽しめるような話題です。

 

 

サイトウ一族と言えば、齋藤齊藤斎藤斉藤と4種類に分けられ、それらを合わせた数は日本ではトップレベルに及ぶことで有名ですよね。

 

そして、その数の暴力から匿名性がとても高いことも知られています。それゆえ、数年前には"さいとうさん"なんてアプリもありましたね。新小学生には分からないかな?

 

まぁ、ランダムで誰かと通話できるってアプリです。つながった瞬間にカメラ起動してブツを映す男もいたようですが。

生徒会のメンバーで仕事が落ち着いたときに一回やった覚えがあります。

 

 

ここまでサイトウ一族について語っていればお分かりだと思いますが、僕もそんなサイトウ一族の一人。

一番強い齋藤の者です。

慣れていない人が漢字で僕の名前を書いてくれる時に、いつも「難しい」って言ってますね。

 

 

そんな僕ですが最近、というかここ1年くらい悩みみたいなものがあります。

 

 

そう、今サイトウ一族の中でも個人として強い、トレンディエンジェルのサイトウさんの流行による被害です。

 

結論から言いますと、突然「サイトウさんだぞ~」と言われます。いろいろな人に言われます。塾でバイトしているときは中学生、小学生に言われ、今ではバイト先の店長やパートのおばさまに言われます。

 

 

本当にいきなりですよ。

お皿を運んでいるときに、店長とすれ違って、

店長「さいとうさんじゃん」

ぼく「ん?」

店長「さいとうさんだぞ~」

ぼく「ハハハ」

みたいな感じです。どう返せばいいんじゃ……。

 

 

その影響か、僕昔から"さん"付けで呼ばれること多かった気がしますね。高校の時とか。

 

 

でも、嫌いじゃないですよ。さん付けされるの。すごく敬意を持たれている気がしますし。

 

店長からさん付けってね。その一瞬に僕は立場の逆転を感じているわけですよ。何と浅い男だこのサイトウは。

 

 

 

そう、バイトと言えば、3月めちゃくちゃ働きました。給料10万超えてますね。でもその代わり、お勉強が。この話したっけ。

まぁ、大学も始めっていくわけですし、バイトは週3日でほぼ毎日大学の図書館かなんかでお勉強したいと思います。

 

 

 

それではさいとうがお送りしました。またよろです。